『抱擁』

こんにちは
先日友人と渋谷を歩いていたら、もうビアガーデンがオープンしていました
今年は暑くなるのが早かったので、早めにオープンするところも多いかもしれませんね
暑いのはそんなに得意ではないですが、暑~い夏の夜に冷た~いビールを飲むのは好きです

本日はアメリア会員の白神愛紀子さんが英語の字幕翻訳を手がけられた作品、『抱擁』をご紹介いたします。

2015年4月25日(土)から渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開しており、以降全国順次公開となります。
詳細は下記URLよりご覧いただけます。
http://www.houyomovie.com/

白神さんよりコメントもお寄せいただきました。

2014年東京国際映画祭のスプラッシュ部門に出展した邦画作品に英語字幕をつけました。
監督、プロデューサーの方含め、映画に関与した方々皆さんが良い方たちばかりで、東京国際映画祭ではレッドカーペットにご招待頂いたり、舞台挨拶に登壇させて頂いたりと、夢のような経験を体験させて頂きました。


レッドカーペットを歩けるなんて、なかなか出来ない体験ですよね

監督である坂口香津美さんの実の母親、すちえさんを四年間にわたり撮影した本作。
鹿児島の種子島で生まれ育ったすちえさんは、長女を病気で亡くしたうえに夫も入院し、精神的な混乱に陥ってしまいます。
葬儀で上京した妹のマリ子さんが、失意と絶望の淵にいるすちえさんを故郷へ連れて帰り、姉を立ち直らせるために献身的な介護を始めます。
本作はすちえさんの葛藤と苦悩、そして笑顔が戻るまでの四年間を切り取った作品となっています。

老いや近親者の死、またそれらによってもたらされる大きな悲しみと絶望は、人が生きて死ぬという営みの中では避けて通れない道なのだ、と改めて感じさせられました。
監督の母親自身を撮影したことで、より胸に迫りくるものがあると思います。
公開中ですので、ご興味を持たれた方は是非劇場へ足を運んでみてくださいね

白神さん、翻訳作品をお知らせいただきありがとうございました
今後益々のご活躍をお祈りしております

アメリア事務局 岩瀬

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク