『家政婦の切ない契約』『子爵と偽りのシンデレラ』

こんにちは
この4月からディズニーランド&シーが値上がりするということで、3月中に年間有効なチケットを買いに行こうと先日渋谷のディズニーストアに向かいました
そこで目にした光景は…人、人!!!
なんとチケットを買うだけで1時間待ちの列でした
まさか渋谷でアトラクションを楽しめるとは思わなかったです(笑)

今日はアメリア会員の立石ゆかりさんが翻訳を手がけられた訳書二冊をご紹介いたします☆
一冊目は『家政婦の切ない契約』です。

家政婦の切ない契約 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)家政婦の切ない契約 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)
(2014/08/29)
ルイーズ アレン

商品詳細を見る


母を亡くした後、暴君と化した父との暮らしに耐えかねたメグは故郷を飛び出した。
数年が経った今、故郷へ帰る船代も頼れる人もおらず、異国の波止場で途方にくれていたメグは怪我をして気を失った男性、ロスを見つける。
メグは彼を介抱する代わりに、妻と偽って船上の人となる。共に過ごすうちにロスに惹かれていくメグだが、英国に到着すると彼が高貴な貴族であることがわかる。
身分違いだと自分に言い聞かせるメグに、ロスは家政婦兼愛人になることを持ちかけて…


『切ない契約』というタイトルからもメグの気持ちが伝わってくるようです
視点がメグとロスに切り替わりながら話が進んでゆくため、二人に感情移入しながら読むことができる一冊となっております

続いての一冊はこちら!
子爵と偽りのシンデレラ』です。

子爵と偽りのシンデレラ (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)子爵と偽りのシンデレラ (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)
(2015/03/27)
ルイーズ アレン

商品詳細を見る


ロンドン郊外の牧師館に父と暮らすベラは、妹たちのような幸せな結婚を夢見つつも父を見捨てられず、忍従の日々を過ごしている。
ある日ベラは保養に来た子爵に見そめられ甘い一夜を過ごすが、彼は遊びだと言い捨てて去っていった。
ほどなく妊娠に気づいたベラは、意を決して子爵の邸宅を訪ねるが、子爵は亡くなり、弟のエリオットが地位を継承していた。
絶望するベラに対し、エリオットは子どもの為だけの結婚を提案する…


ベラには様々な困難が降りかかりますが、毅然とその困難に立ち向かっていく姿が素敵です

そしてなんと!この二作はシリーズもので、『家政婦の切ない契約』は三姉妹の次女メグの物語、『子爵と偽りのシンデレラ』は三姉妹の長女ベラの物語とお話が繋がっているのです
(これらの父親は同一人物なのです…)
続けて読めば、より本作を楽しめること間違いなしです

立石さん、訳書をお知らせいただきありがとうございました
またご活躍のお話をお聞かせ下さい

アメリア事務局 岩瀬

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク