『薔薇はつぼみのままで』

家の近くにある桜の芽が少しずつ膨らんできました。季節の移り変わりを感じる今日この頃です。

さて、本日はアメリア会員の富永佐知子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。

薔薇はつぼみのままで (ハーレクイン・イマージュ)薔薇はつぼみのままで (ハーレクイン・イマージュ)
(2015/02/27)
フィリス ホールドーソン

商品詳細を見る


富永さんからコメントをお寄せいただきました。
フィリス・ホールドーソン著『薔薇はつぼみのままで』 、久しぶりの現代ものです。
でも内容は王道のシンデレラ・ストーリーで 天涯孤独のヒロインが大金持ちの実業家に拾われてハッピーエンドに突き進みます。 いじわるなお姉さんたちもちゃんと出てきます。ロマンス好きな読書の期待を裏切らない作品です。


王道のシンデレラストーリーで、最後はハッピーエンド!もう、胸がキュンキュンしてしまいます。

富永さんはFlavor of the Monthにご登場いただいております。
⇒http://www.amelia.ne.jp/user/reading/flavor08_01.jsp
そのお人柄に、きっと誰もが富永さんのファンになってしまうはず・・・!

富永さん、いつもご連絡いただきありがとうございます。
今後のさらなるご活躍をお祈りいたします!

アメリア事務局 河原

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク