『毎日が天国 自閉症だったわたしへ』

フランス語英語両方の翻訳でご活躍の河野万里子さんから、
新しい訳書をお送りいただきました。

毎日が天国――自閉症だったわたしへ毎日が天国――自閉症だったわたしへ
(2015/01/10)
ドナ・ウィリアムズ

商品詳細を見る


この本は、ご存じの方も多いと思いますが、世界的ベストセラー
『自閉症だったわたしへ』のシリーズ4作目にあたります。
自閉症者の内面世界を綴って世界中に衝撃を与えた第1作の時、
著者のドナ・ウィリアムズは28歳だったそうですが、今回は30代後半と、
少し大人になった女性の手記。さまざまな経験をして、自閉症であるかどうかに
関わらず、より多くの方の共感を呼ぶ内容になっているのではないかと思います。

河野さん、これから大切に読ませていただきます。
お送りいただき、ありがとうございました。

アメリア事務局 室田

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク