『エヴァンジェリカルズ アメリカ外交を動かすキリスト教福音主義 (ヒストリカル・スタディーズ11)』

今日も冷えますが温かいお鍋やスープが一番おいしい季節ですね
我が家では、昨年購入したSTAUB (ストウブ)鍋が大活躍です。

本日は、アメリア会員の加藤万里子さんが翻訳されたノンフィクションをご紹介します!
エヴァンジェリカルズという言葉を私は今回初めて知ったのですが、
アメリカ国内に推定1億人の信者を持ち、大統領選をも左右するほどの影響力を
持つと言われる、アメリカ最大の宗教勢力―福音派を指します。

聖書の教えを絶対視する、保守系キリスト教徒である彼らの信仰と政治的信条を
歴史的に解き明かし、アメリカ外交において果たしてきた役割を示す本書は、
国際情勢や政治、キリスト教、アメリカへの理解を深めることができる一冊です。

エヴァンジェリカルズ アメリカ外交を動かすキリスト教福音主義 (ヒストリカル・スタディーズ11)エヴァンジェリカルズ アメリカ外交を動かすキリスト教福音主義 (ヒストリカル・スタディーズ11)
(2014/11/20)
マーク・R・アムスタッツ

商品詳細を見る

翻訳者の方にとって、聖書やキリスト教に関する知識や理解は
不可欠だと思います。

アメリアWebサイトには、「聖書・キリスト教の理解が深まるテスト」という
ミニテストを掲載していますので、もしよろしければ楽しみながら
解いてみてくださいね♪

加藤さん、この度はご訳書をお知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も心よりお祈りしております

アメリア事務局 並木

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク