『クリスマスの3つの物語――日英対訳』

今日はクリスマスイブですね
ご近所の一角に気合いの入ったイルミネーションゾーンがありまして保育園帰りの娘と楽しんでいます。
大きなツリーにきれいなリース、光るトナカイなどなど…外国のクリスマスを楽しんでいるかのような
気持ちになります

さて、本日はそんなクリスマスにぴったりの1冊をご紹介。
アメリア会員の牛原眞弓さんが手がけた共訳書です。


クリスマスの3つの物語―日英対訳クリスマスの3つの物語―日英対訳
(2014/12)
チャールズ ディケンズ、ハンス・クリスチャン アンデルセン 他

商品詳細を見る


Amazonには残念ながらまだ画像がアップされていないようで…
訳者の牛原さんもおすすめの素敵な表紙の絵
書籍画像はコチラコチラをご覧ください。

本書はザ・クリスマスなストーリーである『クリスマス・キャロル』、『賢者の贈り物』、
『マッチ売りの少女』
で構成されています。
牛原さんは『クリスマス・キャロル』と『マッチ売りの少女』の対訳を担当されたそう。

子どもの頃に一度は読んだことのある物語を改めて対訳で読んでみるのも良いですよね。
英語&翻訳の勉強にピッタリな一冊です。

牛原さん、毎回心温まるメールをありがとうございます
今後のご活躍も楽しみにしております。


アメリア事務局 入江

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク