『ブルーノート・レコード 妥協なき表現の軌跡』&『手塚治虫の芸術』

12月といえば…大掃除
今年はお風呂だけ専門業者さんにお掃除をお願いしてみました。
やはりプロは違いますね 隅から隅までピッカピカで、気持ちの良い空間に
これで今年の掃除がすべて終わったかのような気持ちです

さて、本日はアメリア会員の小巻 靖子さんの共訳書を2冊ご紹介いたします


ブルーノート・レコード 妥協なき表現の軌跡ブルーノート・レコード 妥協なき表現の軌跡
(2014/10/23)
リチャード・ヘイヴァーズ

商品詳細を見る


ブルーノート初の公式本であり歴史を彩ってきた75枚のアルバムをその魅力から
音楽的功績まで細かく解説
 しているとのこと。
ジャズ&ブルーノート好きにはたまらない一冊ですね

続きまして、もう1冊。


手塚治虫の芸術手塚治虫の芸術
(2014/10/24)
ヘレン マッカーシー

商品詳細を見る


こちらもファンには待望の1冊
サイトからの引用になりますが、

マンガの神様の、真髄に迫る—。膨大な作品とその生涯を、様々なエピソードを交え、ビジュアルに解説。

だそうです。著者はイギリスの研究者だそうですが世界中で愛される手塚氏だったのですね。

小巻さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております。

事務局 入江

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク