対訳本 3冊をご紹介!

しとしと冷たい雨が続きますね
今日は年に1度の翻訳祭。私もそろそろ会場に向かう予定ですが
あいにくの雨模様…少しでも多くの方にお会いできればいいなぁ

さて、本日はアメリア会員の牛原眞弓さんが手がけた学習用対訳本をご紹介いたします。
牛原さんからたっぷりコメントもいただきました


英語で読むシェイクスピア四大悲劇 (IBC対訳ライブラリー)英語で読むシェイクスピア四大悲劇 (IBC対訳ライブラリー)
(2013/12/20)
チャールズ・ラム、メアリー・ラム 他

商品詳細を見る


子どもたちがシェイクスピアに親しめるよう、
ラム姉弟がやさしく書き直した『シェイクスピア物語』。
その中の四つの悲劇をさらにやさしくリライトし、訳文をつけた対訳本です。
わたしは「マクベス」の対訳を担当させていただきました。シェイクスピアを
英語で読んでみたいけれど難しそうだなあ……そう思っておられる方に
ピッタリの学習書だと思います。




英語で読むトム・ソーヤーの冒険 (IBC対訳ライブラリー)英語で読むトム・ソーヤーの冒険 (IBC対訳ライブラリー)
(2014/04/25)
マーク・トウェイン、デイビッド・セイン 他

商品詳細を見る


トム・ソーヤーのお話は、昔から
児童書などでよく紹介されています。子どもの頃に読んだことのある方も
多いのではないでしょうか? 
でも原文の英語は古くて、読もうとすると意外に難しいものです。
リライトされたやさしい英文と、見開きに配置された対訳で、
トム・ソーヤーの世界を気軽に楽しんでいただけたらと願っています。


日本の酒 (対訳ニッポン双書)日本の酒 (対訳ニッポン双書)
(2014/10/28)
ジョン・ゴントナー

商品詳細を見る


著者のジョン・ゴントナーさんは、
日本酒を海外に広める活動をしておられるアメリカ人です。
日本酒の造り方から、分類、歴史、選び方、楽しみ方まで、
日本人でも知らないウンチクがいっぱい! 
英語の勉強をしながら、日本酒通になれること請け合いです。



『トム・ソーヤの冒険』、牛原さんのコメントにある通り英語に馴染めず読むのを
あきらめた事があります…こちらの対訳本なら読めるかもと希望が持てました。
またチャレンジしてみたいです

ゴントナー氏のお酒の本も気になりますね~
外国の方が日本のお酒を広めてくださっているとは何ともありがたい


牛原さん、訳書のお知らせ&コメントをありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク