『社会変革のシナリオ・プランニング―対立を乗り越え、ともに難題を解決する』

一段と秋も深まってきましたね

先日、カフェのショーケースに、それは美味しそうな和栗のモンブランを見つけました。
1ピースで1,200円!?たかっ!とは思ったものの、一旦帰宅した後もやっぱり気になる!
そこでわざわざ食べに出かけたところ…もう売り切れていました
ドヨヨーン タイミングってありますよね

さて気を取り直して、本日ご紹介するアメリア会員の東出顕子さんの最新ご訳書は、
先日英治出版より刊行されたばかりです。

社会変革のシナリオ・プランニング――対立を乗り越え、ともに難題を解決する社会変革のシナリオ・プランニング――対立を乗り越え、ともに難題を解決する
(2014/11/12)
アダム カヘン

商品詳細を見る


著者のアダム・カヘン氏は、南アフリカ民族和解をはじめ世界各地で変革を
導いてきた著名なファシリテーターです。
東出さんが同氏の著書を翻訳されるのは、前作に次いで二作目とのこと。

ちなみに、ファシリテーターの定義が自分の中で曖昧だったのですが、
会議やミーティングなど複数の人が集う場において、
中立な立場を守り、参加者の心の動きや状況を見ながら、
プログラムを進行していく人のこと
と思って問題なさそうですね。

世界的な難題に携わってきたカヘン氏だからこそ、
時に対立するさまざまな立場の人にも根本的な変化を
引き起こすことができる、「変容型シナリオ・プランニング
と呼ばれる手法を確立することができたのだと思います。

「社会変革」という大きいテーマのみならず、小から大まで何らかの
“システム”の未来を良くしたいと望む人に広く応用できる一冊
となっているそうですので、
ビジネスマンの方もぜひお手に取ってみてください

東出さん、この度はご訳書をお知らせいただき
誠にありがとうございました

アメリア事務局 並木

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク