『手塚治虫の芸術』

こんにちは
今日は久々にお天気が良くて気持ちがいいですね
週末もいいお天気が続くようなので、友人と公園でピクニックをしようと考えています
皆さまも勉強の手を少し休めて、どうぞ秋を満喫してくださいね


本日は、アメリア会員の有枝春(うえだ はる)さんの共訳書、『手塚治虫の芸術』をご紹介したいと思います


手塚治虫の芸術手塚治虫の芸術
(2014/10/24)
ヘレン・マッカーシー、手塚プロダクション 他

商品詳細を見る


訳者の有枝さんからもコメントをお寄せいただきました。

イギリス人の著者が、英語圏の読者に向けて、手塚マンガのすばらしさ(「マンガの神様」と呼ばれた手塚治虫の偉業)を伝えるために書いた本です。
年代別の作品解説や、手塚さん自身にまつわるエピソードなど盛りだくさん。オールカラーの大型本で、ずっしりと迫力があります。


手塚マンガのすばらしさについて書かれた一冊とのことで、手塚治虫さんのファンにはたまらない内容になっていますね
本書を読めば、手塚さんが日本だけでなく世界各国で愛されている理由が紐解けるかもしれません

有枝さん、コメントありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております

アメリア事務局 岩瀬

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク