『刑事たちの四十八時間』

本日2冊目のご紹介は、アメリア会員の谷泰子さんが翻訳された
人気シリーズの第2弾です

奇怪な一家失踪事件の捜査に派遣された、
ロンドン警視庁のディ警部補とハマースミス巡査長の苦闘を描いた、
ノンストップ警察小説!


前作にも増して猟奇的で陰惨な側面もあるようですが、
谷さんによると、主人公たちのひた向きさに救われる面もあるとのこと。

切り裂きジャックの恐怖が残るヴィクトリア朝ロンドンの闇を描き出すという本書、
目が離せなくなりそうです!

刑事たちの四十八時間 (創元推理文庫)刑事たちの四十八時間 (創元推理文庫)
(2014/09/12)
アレックス・グレシアン

商品詳細を見る

谷さん、さらなる続編刊行のご連絡も首を長くして
お待ちしております!

アメリア事務局 並木

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク