『サルなりに思い出す事など』神経科学者がヒヒと暮らした奇天烈な日々

突然ですが…皆さんの子供のころの夢は何ですか?

本日ご紹介する作品の著者は子供のころから霊長類が大好きで「大きくなったらマウンテンゴリラになる と決め、青年になると研究のためアフリカ奥地でヒヒの群れとともに生活を共にします。

著者の名は神経内分泌学者・行動生物学者のロバート・M・サポルスキー。 
ヒヒの群れの23年間にわたる観察記『サルなりに思い出す事など』は英米でロングセラーとなり、この度、アメリア会員の大沢章子さんにより待望の邦訳版が刊行されました

サルなりに思い出す事など ―― 神経科学者がヒヒと暮らした奇天烈な日々サルなりに思い出す事など ―― 神経科学者がヒヒと暮らした奇天烈な日々
(2014/05/23)
ロバート・M・サポルスキー

商品詳細を見る


ヒヒたちに旧約聖書由来の名前をつけるという強烈な諷刺にはじまって、一貫してヒヒと人間を同一の目線で捉え、両者の生活誌を諧謔味いっぱいにスケッチしながら、東アフリカの社会事情や内戦、さまざまな民族文化との遭遇を語る。それぞれの生と格闘するヒヒおよび人間を大いなる霊長類愛と痛快無比なユーモアで包みこみ、最後に忘れがたい印象を残す、絶品のメモワール。
(出版社HPより)

理不尽だらけの東アフリカの国で、悪戦苦闘する若き著者の様子が目に浮かんでくるようです!


これまで幅広いジャンルの作品を手掛けられた大沢さん。
訳書もお送りいただきありがとうございました

今後のさらなるご活躍をお祈りしております。

大沢さんがご登場くださったアメリアWebサイトの人気コーナー「Flavor of the Month(第59回)」もぜひご覧ください


アメリア事務局 田部井

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク