『さよなら、そして永遠に』

週末から初夏のような陽気が続いています。夏はもうすぐそこという感じです

さて本日は笹山裕子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします
さよなら、そして永遠にさよなら、そして永遠に
(2014/05/19)
ロザムンド・ラプトン

商品詳細を見る

前作の『シスター』で世界のミステリー界から高い評価をうけたロザムンド・ラプトンの第二弾。
幸せな家族を崩壊へと導く事件。殺意の痕跡。女性捜査官セーラーの孤独の戦い。傑作心理サスペンス!(アマゾン商品説明より)
そして"その愛に、涙なくしては読めないような作品"とのこと。(担当編集者談)
表紙のデザインからは、静謐な中にも緊迫した雰囲気が伝わってきます。

笹山さん、今後のご活躍も楽しみにしております
エンジンルーム様、訳書をお送りくださりありがとうございました。


アメリア事務局 河原

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク