『コーディネーター』

春ですね~ こうお天気が良いとお出かけしたくなります

さて、本日はアメリア会員の南沢篤花さんが手掛けられた訳書をご紹介いたします
コーディネーター (論創海外ミステリ)コーディネーター (論創海外ミステリ)
(2014/03)
アンドリュー ヨーク

商品詳細を見る

ちょっとセクシーな表紙が目を引く本書は、南沢さん念願だったミステリの初訳書となります
南沢さん、おめでとうございます

版元の論創社さんとはツイッターをフォローしたことからつながったご縁だとか。
南沢さんの積極的な営業力に脱帽です

ストーリーはと言うと、東西冷戦時代を舞台にイギリスの諜報部員がデンマークである人物を殺害せよとの命令を受け、極寒の北欧の地で幾多の困難に見舞われながら任務の遂行を目指す物語です。
南沢さん曰く『007』の亜流のようなストーリーで、お色気あり、アクションありのカッコいい作品だそうです。
映画化されたら面白そうですよね

南沢さん、これからも大好きなミステリの分野でますますご活躍の場を広げていってくださいね!
またご連絡いただけることを楽しみにお待ちしています。

アメリア事務局 河原

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク