『アンヌウヴンの貴公子 (マビノギオン物語1)』

明日~週末にかけてまた雪が降るという予報ですが、本当でしょうか…
雪景色は美しいものの予定がキャンセルになって困りますが、致し方ないですね!
のんびり構えたいと思います

さて本日はとびきり幻想的で美しい1冊をご紹介します。
アメリア会員の田村美佐子さんの最新ご訳書である『アンヌウヴンの貴公子』は、
現代によみがえったウェールズ中世神話です。

ご存知のように、イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)は
イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの地域で構成されますが、
中でもウェールズでは、華麗な王や美しい姫たちが繰りひろげる恋愛模様
血湧き肉躍る戦いなどを記した『マビノギオン』がいにしえの物語として伝わってきました。

それを、色鮮やかなエンタテインメント小説としてみごとによみがえらせたのが、
本書の著者であるウォルトン女史だそうです!

ところで田村さんは本書を翻訳するにあたりウェールズ語の勉強も始められたとのこと。
英語と一体どのように違うのか、非常に興味があります。

さらにウェールズの人々はみずからの国を“カムリ(Cymru)”と呼ぶんだそうです。
(田村さん、当初はカリムと読んでしまっており大変申し訳ありませんでした

アンヌウヴンの貴公子 (マビノギオン物語1) (創元推理文庫)アンヌウヴンの貴公子 (マビノギオン物語1) (創元推理文庫)
(2014/02/13)
エヴァンジェリン・ウォルトン

商品詳細を見る

主人公と思われる貴公子が描かれた表紙からして、荘厳で優雅な雰囲気を
醸し出しているすてきな1冊ですね。

田村さん、事務局まで実際のご本もお送りいただき誠にありがとうございます!
四部作が完成する日を楽しみにお待ちしております

アメリア事務局 並木

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク