『あなたを抱きしめる日まで』

昨日は東京でも最高気温が10度を越して、久しぶりに暖かさを感じる日でした
このまま暖かくなってくれないですかね~

さて、本日は宇丹貴代美さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします
あなたを抱きしめる日まで (集英社文庫)あなたを抱きしめる日まで (集英社文庫)
(2014/01/17)
マーティン・シックススミス

商品詳細を見る


宇丹さんは一読して、どうしても訳したい!と思われた作品だそうです。
そんな宇丹さんの思いのつまった本書を簡単にご紹介しますと…

1952年、アイルランド。未婚のまま妊娠したフィロミーナは“堕落した女性”という烙印を押され、女子修道院に収容される。修道院の中で息子アンソニーを出産するが、3年後、息子を強制的にアメリカに養子に出されてしまう。アメリカでは恵まれた環境に育ち、高い教育を受け、裕福な生活を享受するアンソニーだが、成長するにつれ、アイデンティティについて悩み始め…。50年、互いを捜し続けた母子の実話。 (アマゾン内容紹介より)

本書は映画化もされ、3月15日には日本でも公開されるそうです
主演は本の表紙にも写真が載っていますが、あの大女優ジュディ・デンチさんです
ジュディ・デンチさんのお母様がアイルランド人で、ご自身もアイルランドで育ったこともあり、この作品を演じるにあたっては並々ならぬ思いがあったとか。
アカデミー賞の4部門でノミネートされた作品ですので、本書と合せてぜひお楽しみください

宇丹さん、素敵な作品をお届けくださりありがとうございました。
またお目にかかれますことを楽しみにしております

アメリア事務局 河原

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク