『無限の始まり - ひとはなぜ限りない可能性をもつのか』

本日は、アメリア会員の松井 信彦さん熊谷 玲美さん田沢 恭子さんの共訳『無限の始まり - ひとはなぜ限りない可能性をもつのか』をご紹介します

無限の始まり:ひとはなぜ限りない可能性をもつのか無限の始まり:ひとはなぜ限りない可能性をもつのか
(2013/10/29)
デイヴィッド・ドイッチュ

商品詳細を見る


 ご連絡をくださった松井さんいわく

「科学書というより科学哲学書で、著者が博識なのも手伝って、本当に歯ごたえ満点の翻訳作業でした。」 

―とのことですが、翻訳にあたられた皆さまの専門分野での豊富な知識があってこそ、作品に新たな命を吹き込むことができるのですね 

616ページ、全18章からなる本書。読みごたえも満点でした


オックスフォード大学の物理学教授である著者が“究極の問い”について科学的な論拠を示しながら論じていく様は圧巻。まさに宇宙を感じさせるスケールの大きな作品です

今回はアメリア会員の皆様の共訳とあって、事務局としても喜ばしい限りです
松井さん、熊谷さん、田沢さん、訳書をお送りくださりありがとうございました!
今後の益々のご活躍をお祈りしております


アメリア事務局 田部井

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク