『罪深き花嫁』

二十四節気どおり、雨水は雪も降りました。
今日20日はすかっとした青空
ブログに毎回お天気ネタを書いてしまうのは
ほんとに毎日左右されているからなんです、ええ

さて、今日はなんとも珍しい過激なヒーローが登場する
ハーレクイン・ロマンスのご紹介です

罪深き花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)罪深き花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)
(2013/02/01)
シャーロット ラム

商品詳細を見る


翻訳はご存じ、泉智子さん。

時に過激で大胆な行動に出る男性と、長く付き合っている
大切な幼なじみの男性の間で苦しみながら恋にゆれるヒロインの物語

泉さんも「まるでストーカーのように過激」と仰るほど、
本作のヒーロー、ミューアは時にかなりの激しい行動に出ます。

他人から見れば犯罪的な行為と呼べること、とはいえ恋に落ち
一途な愛だからこそ…ともいえるのかもしれません。
過剰なまでのミューアの熱く激しい愛、あなたはどう読みますか

実生活ではなかなか体験しない設定であっても身に迫る
真実味に心を揺さぶられてしまうのは表現力、そして
原文と読者をつなぐ、物語にぴったりとフィットする翻訳あればこそ
フィクションの面白さをぜひご堪能ください

泉さん、たくさんのお話をありがとうございます。
これからも素敵な世界を教えていただけますこと、
楽しみにしております


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク