『その城へ続く道で』・『ハイランダーの帰郷』

今日はハイランドもののロマンス2作のご紹介です。
最近増えていますね、ハイランドもの。根強い人気を感じます

まず1作目は、喜須海理子さんが手がけられた『その城へ続く道で』。
喜須海さん、ご献本ありがとうございます

その城へ続く道で (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)その城へ続く道で (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
(2012/08/21)
リンゼイ・サンズ

商品詳細を見る


13世紀後半のイングランドとスコットランドが舞台の
ヒストリカル・ロマンスシリーズの第2作目となる本作。
1作目『ハイランドで眠る夜は』のヒロイン、イヴリンドの兄・アレックスと、
近隣の領地の領主の娘、しっかりもののメリーの物語です

ラブラブな二人の結婚生活は波乱万丈
メロメロなダンナさまにハラハラする展開ながら、
恋に素直な二人の物語は読後感がよく、リンゼイ・サンズ大好き
というファンの方もたくさんいらっしゃるようですね~。

そしてもう1冊は草鹿佐恵子さんが手がけられた『ハイランダーの帰郷』です。

ハイランダーの帰郷 (マグノリアロマンス)ハイランダーの帰郷 (マグノリアロマンス)
(2012/09/07)
メリッサ・メイヒュー

商品詳細を見る


こちらはハイランドを舞台にしたタイムトラベルロマンスのシリーズ第6作目
1作目で友人を助けるために重傷を負い、妖精の魔法で
中世から現代にタイムトラベルをして最新医学で命を救われた
ヒーローが主人公。彼が人助けのため、またも中世に戻っていく…
というファンタジックなストーリーなのだそう

時代や土地を行き来する登場人物の関係をわかりやすくするため、
今回は巻末に人物相関図もついているのだとか。
ただし、ネタバレになってしまうので相関図のチェックは
読後がオススメとのことです。気をつけてくださいね

人気次第では途中で刊行がストップされてしまうというシリーズもの。
いずれも順調に続刊が出ているのは人気がある証拠なのですよね

新たなブームのハイランドもの、ぜひお試しください


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク