『さよなら駐車妖精』

先週、箱根に軽めの登山に行ってきたのですが、落ちているどんぐりがまだ青い
紅葉はもう少し、お預けのようですね…

さて、今日は大友香奈子さんの現代風おとぎ話のような
ヤングアダルト作品のご紹介です

さよなら駐車妖精 (創元推理文庫)さよなら駐車妖精 (創元推理文庫)
(2012/08/11)
ジャスティーン・ラーバレスティア

商品詳細を見る


妖精、みなさんはどんなイメージをもっていますか?
『ピーターパン』のティンカーベル、ムーミン谷に住む不思議な生きものたち…

本作に登場するのは、都市に住み、姿を見せず、“お仕事”をする妖精。
オシャレが上手になる“服のお買い物妖精”や“小銭を見つける妖精”、
“子どもが何をしているかお見通し妖精”などなど、日常のヒトコマでみかけるものばかり。

主人公・チャーリーの妖精は、
どんな車に乗っていても完璧な駐車場を見つける“駐車妖精”
東京に住む大人からするととっても羨ましく感じるかもしれませんが
14歳の女の子にはうっとうしいことこの上なしな様子。
チャーリーはなんとかこの“パーキング・フェアリー”
追い出したいと考えているようですが…

「この人ってこういうことがよくあるよね」、
と思ったらそれが得意な妖精が付いている証拠。
こんな風に考えると、なんだか楽しくなってきますよね
日常と地続きにある楽しくもほろ苦いファンタジーは大人も楽しめる一作です。

大友さん、ご献本いただきありがとうございます
パラパラとめくっていたらどんどん夢中になってしまいました
多くの方に愛される1冊となりますように。


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク