『求婚のワルツは真夜中に』

本日はジュリア・クイン×村山美雪さんタッグのロマンス訳書をご紹介します

求婚のワルツは真夜中に (ラズベリーブックス)求婚のワルツは真夜中に (ラズベリーブックス)
(2012/08/10)
ジュリア・クイン

商品詳細を見る


本作は以前ご紹介した『すみれの瞳に公爵のキスを』に続く、
ジュリア・クインのデビュー作シリーズの第2弾

キャリア志向で行動的なエマを温かく見守る存在として描かれた
従妹であり親友のベルが本作のヒロインです。
前作では冷静で知的な文学少女として登場したベルですが、
本作ではなんとも激しい恋に落ちてしまいます

お相手は戦争中のとある出来事をきっかけに心に傷を負った男爵・ジョン。
忌まわしい出来事は今も影を落とし命を狙われるジョンですが、ベルは
そんな彼を守るために身を挺しても危険に飛び込むこともいとわないほど。
自分を許せないばかりに彼女の愛の深さを受け止められないジョンと
聡明ながら一途なベル。二人から目が離せず、ぐんぐん読み進めてしまいます

本作ではワーズワース、シェイクスピア、W・ブレイク…などなど
数々の詩篇も登場します。恋の描写と共に挿入される詩編の数々を
味わうのもまた楽しいかもしれません

気になる続編、第3弾は1作目、2作目にも登場した友人が主人公なのだとか。
次回作の刊行も待ち遠しいです

村山さん、いつもご献本のお心遣いありがとうございます。
本シリーズもたくさんの方々に愛されますように…

アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク