『工事中』 in 「ホセ・ルイス・ゲリン映画祭」

突発的な豪雨や暴風雨があれど、今年の梅雨は雨の日が少ない気がします…
今のところ、過ごしやすい東京です。

さて、特集上映や小さめの規模の映画祭に目移りする今日この頃ですが
渋谷で6月30日より4週間限定の「ホセ・ルイス・ゲリン映画祭」が開催されます

その中で上映される1作の字幕翻訳を渡部美貴さんが手がけられました

『工事中』
「ホセ・ルイス・ゲリン映画祭」公式サイト
6/30~7/27まで渋谷シアター・イメージフォーラムにて開催!

あのビクトル・エリセ監督も絶賛のスペインの新進気鋭、
ホセ・ルイス・ゲリン監督。昨年でしたでしょうか、
『シルビアのいる街で』が全国公開されましたね

「独創的な映像表現が特徴で、更に監督は日本文化に造詣が深い方です。
ほとんどの作品は東京国際映画祭で上映されてます。」と
渡部さんからもリコメンドコメントをいただきました

『工事中』はスペイン映画界のアカデミー賞とも言われる
ゴヤ賞で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した作品
数年に渡りバルセロナの霊亀七区の大規模再構築現場を記録した、社会派ドキュメンタリーです。
人々のささかやかな日常と壊れゆく風景にはきっと心も、記憶をもゆさぶられるはず

上映スケジュールはこちらです。
こんなに集めて見られる機会はなかなかありませんよね
貴重な特集上映です。ぜひ


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク