野津智子さん訳書&服部由美さん訳書のご紹介

4月に入りやっと春らしくなりましたね~
先日の「爆弾低気圧」の暴風でせっかくの桜が散ってしまわないか心配でしたが、
翻訳会館前の桜は見事に咲き誇っています

さて、今日も2冊の訳書をご紹介いたします。
まずは野津智子さんが手がけられたビジネス書です

会議のリーダーが知っておくべき10の原則――ホールシステム・アプローチで組織が変わる会議のリーダーが知っておくべき10の原則――ホールシステム・アプローチで組織が変わる
(2012/02/07)
マーヴィン ワイスボード、サンドラ ジャノフ 他

商品詳細を見る


本書のテーマは「会議術」。多くの人が体験するものながら、
切り口としては少し珍しいかもしれません

居心地の悪さや停滞の打破が難しいとき、
退屈でただ時間ばかりとられるような気になってしまう
会議やミーティングは誰しも経験したことがあるはず…
そんな会議をどうやって活性化させることができるのか、
考え方や心理的な要素など深い部分から探り、
読者をコーチしてくれるような書籍です

ビジネス書というカテゴリーに留まらず、「場づくり」に関わるすべての方にとって
興味深い1冊となるはず。とても参考になります

そしてもう1冊は、服部由美さんが手がけられたノンフィクション

僕がパパに育つまで シングルファーザーの涙と再生の1年僕がパパに育つまで シングルファーザーの涙と再生の1年
(2012/04/06)
マシュー・ロゲリン

商品詳細を見る


就職が決まらず大人にもなりきれず、泣き虫でダメダメな「僕」は
高校時代から付き合っていた美人で強気で優秀なリズと結婚。
家も買い、赤ちゃんが誕生したその翌日に、リズが突然亡くなってしまいます…。

服部さんからもコメントをいただきました

「第一子誕生の翌日に妻を失った男性がその後の一年を綴った体験記。
 涙の日々と娘の成長がユーモアのある文章で書かれています。
 汚い言葉が頻出し、訳出に苦労しましたが、今ではよい思い出です。

 個人的に一番心に残ったのは、著者がネット上に築いたネットワークによって
 多くの人びとに支えられ、自分も人助けをしていく姿でした。
 インターネットが持つ力を実感できる書籍でもあります。


突然の辛い出来事を体験した「僕」の生の言葉や心の揺れ動きは、
国境を越えて多くの方の心に届くのではないでしょうか
いよいよ明日、発売予定です。ぜひ。

素晴らしいご活躍ぶりの野津さん、服部さん
またのご連絡も楽しみにお待ちしております


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク