江口泰子さん翻訳、『毒になる母親』のご紹介

ぐんと冷え込みがましたここ数日、乾燥もものすごいです。
予防でマスクを装備されている方が増えていますね
日々休養と栄養をしっかりとって、風邪をひかないように気をつけましょう

さて、本日は江口泰子さんの最新訳書『毒になる母親』をご紹介します。
ドキッとするタイトルです。

毒になる母親毒になる母親
(2012/01/07)
キャリル・マクブライド

商品詳細を見る


江口さんより、詳しいコメントもお寄せいただきました。
訳者の方ならではの言葉ばかりですのでさっそくご紹介します

 「自分が一番、世間体が何より大事で娘の気持ちはおかまいなし」
 という自己愛の強い母親に育てられ、傷ついた娘を癒すための1冊です。

 内容は、自己愛マザーの特徴やタイプ分け、
 そのような母親に育てられた娘の特徴やタイプ分け、
 成長した娘たちがどのような苦しみを抱えて生きているのか、
 そして傷ついた娘たちが自尊心を取り戻し、
 母親と分離して、自分自身の人生を歩んでいくためのアドバイスが満載です。

 生きづらさを抱えている女性や、母親との間で葛藤を抱えている女性、
 あるいは、お嬢さんをお持ちのお母さん方にぜひ読んでいただきたい1冊だと思っています。


“親に愛され、親を愛したい”という子どもの自然な感情が
かなわないこと。本当に辛く、苦痛を伴う体験だと思います。
大人になるにつれて自然に解消できることもありますが、
そう簡単ではない状況も多いと耳にいたします。

家族の間の出来事はほかの人には相談しづらいことばかりですが、
その関係に悩み、恐れ、苦しんでいる方々にとってそっと支えてくれる
一冊となるのではないでしょうか。ぜひ多くの方々が手にとられますように…

江口さん、貴重な1冊をご紹介いただきありがとうございます。


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク