高橋洋さんの訳書2冊をご紹介

続々といただく訳書刊行のご連絡…。本日は高橋洋さんが翻訳を手がけられた
ノンフィクション2冊をご紹介します
まずはこちらです

八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということ八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということ
(2011/10/19)
A.クラインマン

商品詳細を見る


精神科医として接してきた患者の人生の物語りを紹介。
苦悩の背後にある道徳的体験について考え、
人間にとって大切なことは何かを思索
誠信書房 公式ページより転載)

「生存に関わる道徳的体験をくぐることを余儀なくされた」
8人の男女の物語から現代社会、「私たちがいったい誰なのか
を探求する一冊とのこと。

ある均衡が崩れる瞬間とは、それまで存在を
知らなかった/見えていなかった全く別の
人生/物語が現れてくる瞬間なのかもしれません。
人間の深遠をのぞくことができそうな興味深いテーマです。

そしてもう1冊

ガイドツアー 複雑系の世界: サンタフェ研究所講義ノートからガイドツアー 複雑系の世界: サンタフェ研究所講義ノートから
(2011/11/25)
メラニー ミッチェル

商品詳細を見る


恥ずかしながら“複雑系”の用語を初めて知りました。
こちらはAmazonより書籍情報をご紹介します

----
ヒトの脳に存在する何兆ものニューロンという「物質」は、
いかに「意識」のような複雑な現象を生みだすのか?
免疫系、インターネット、国際経済、ヒトのゲノム―これらが
自己組織化する構造を導いているものは何か?
一匹では単純に振る舞うアリが、グループを形成すると、
ある目的のために統率された集団行動がとれるのはなぜか?

第一線の研究者を案内人として、その広大で魅力的な世界を訪ね巡る、
本格的入門書。

----

全ての事柄において二元論や還元主義的な解釈で議論が
終わってしまう(はじまりもしない)ことは多々ありますが、
そういった傾向に違和感を感じることは複雑系への一歩になる
といえるのでしょうか

本書は複雑系理論における基礎から最新の研究、また今後の展望まで
紹介された格好の入門書とのこと。難しそうですが、エッセンスを掴みたい方には
うってつけの一冊かもしれません。チャレンジしてみたいです

幅広い読者に向けられた書籍でも、翻訳するときの調査量はいかほどか…
と思うと翻訳者のみなさんのお力のすごさを改めて感じます

高橋さん、刊行誠におめでとうございます。
またのご連絡も楽しみにお待ちしております


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク