『おばあちゃんと花のてぶくろ』

今年も残すところあと2ヶ月をきりました。
年々時間の経過が早くなりますねぇ…

さて、本日は心温まる翻訳絵本のご紹介です。

おばあちゃんと花のてぶくろおばあちゃんと花のてぶくろ
(2011/11/08)
セシル・カステルッチ

商品詳細を見る


翻訳を手がけたのは水谷阿紀子さん。
児童書を中心に手がけている水谷さんですが、
意外にも絵本の翻訳は本書が初めてなのだそう。

おばあちゃんのにおい、おばあちゃんと食べたクッキー、
おばあちゃんが花の世話につかっていたてぶくろ…

異国からやってきて、身近にあるものたちを大事に愛して
暮らしたおばあちゃんとの楽しい日々、そして永遠のお別れ。

身近な人の死を受け入れ、その想いを受け継いだ少女の
心の成長を描いた素敵な作品です。
読み終わった後はママをぎゅっと抱きしめたくなるような…
母から娘へと、ご家族で大切につきあえる一冊になるのではないでしょうか

水谷さん、ご献本いただきありがとうございました。
これからもご活躍を楽しみにしています


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク