海洋冒険小説&元FBI捜査官によるノンフィクション

今日は30℃を下回り涼しく感じますね。
風があると過ごしやすいです~

さて本日は名誉会員である土屋晃さんの訳書をご紹介いたします。
以前にもご紹介したことのある「海洋冒険小説の雄 NUMAファイルシリーズ」。
今回は第弾 


運命の地軸反転を阻止せよ〈上〉 (新潮文庫)運命の地軸反転を阻止せよ〈上〉 (新潮文庫)
(2011/06/26)
クライブ カッスラー、ポール ケンプレコス 他

商品詳細を見る


運命の地軸反転を阻止せよ〈下〉 (新潮文庫)運命の地軸反転を阻止せよ〈下〉 (新潮文庫)
(2011/06/26)
クライブ カッスラー、ポール ケンプレコス 他

商品詳細を見る



「地軸反転、すなわち北極と南極が入れ替わってしまったら
地球の運命はどうなるのか――?」


各地の海で超大型の渦潮が観測されたのを機にNUMAのオースチンが調査に乗り出す。
調査の果てに数十年前にある科学者の行った研究に行き当たります。

謎の渦潮と地軸反転との関連は
そもそも巨大な渦潮が発生する理由は

ぐいぐい引き込まれる海洋冒険小説です

続きましてもう1冊。

こちらは土屋さんと会員の匝瑳玲子さんとの共訳です。

FBI美術捜査官―奪われた名画を追えFBI美術捜査官―奪われた名画を追え
(2011/06)
ロバート・K. ウィットマン、ジョン シフマン 他

商品詳細を見る



こちらは美術館 が舞台の作品。
美術館の壁から姿を消す傑作の数々。
レンブラント、フェルメール、ノーマン・ロックウェルなどなど…。

巧みに犯人をおびき寄せ、歴史的至宝を奪還

最初はフィクションかと思ったのですが、なんとこちらノンフィクションなのです
著者は美術品盗難事件を専門に扱う米国FBI捜査官として20年間にわたって事件を解決してきた凄腕。
美術商になりますまし、おとり捜査で犯人グループと接触、信頼関係を築いた上で一気に逮捕に踏み切ります
巨大官僚組織の中で仲間の妨害にあいながらも信念をもってストイックに動く、FBI捜査官の回顧録です。


土屋さん、匝瑳さん、ご献本いただきありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております


アメリア事務局・入江

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク