『静かなカオス』

湿度は高いものの過ごしやすい日が続いていますね。
明日は貴重な晴れ間 一気に洗濯物を片付けようと思います

さて本日は会員の大谷敏子さんが手がけた訳書をご紹介いたします


静かなカオス静かなカオス
(2011/05/31)
サンドロ・ヴェロネージ

商品詳細を見る



妻の死を乗り越えようとする男と娘の物語

Amazon から引用しますと……

大切な人の突然の死をどうやって受け止めればいいのか・・・  自分の心と
向き合うことで妻の死を乗り越えようとする男と娘の物語 生きていることが
あたりまえの日常の中で、 突然、大切な人が死んでしまった時、 残された男は、
どう悲しんだらいいのかわからなかった・・・   社会に抑制され感じるままに
行動していないうちに、 感情の受け止め方すらわからなくなってしっている
のかもしれない・・・   表面的に日常を過ごしすぎてしまい、 自分はほんとうは
何を感じているのかさえ、 あやふやになってしまっている。   自分なりの
方法で大切な人の死を受け止め、 そして生きていこうとする物語。


本作品はイタリアで2005年に発表され、2006年度のストレーガ賞を受賞し
2008年には映画化もされたそうです

500ページ近くある大作です。
雨音を聞きながらじっくり味わいたい作品ですね

大谷さん、ご連絡いただきありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております


アメリア事務局・入江

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク