ロマンス2冊のご紹介

今週は梅雨のような雨模様が続くようですね。
なんとなくユウウツな気持ちにもなりますが、
家の近所に小学校があるのですが、登下校中の小学生たちが
色とりどりの傘を指して元気に歩く姿を見て元気をもらいます

さて、今日は作風の異なるロマンス2冊をご紹介です。

まず1冊目は市ノ瀬美麗さんの『とらわれた王女』

とらわれた王女 (マグノリアロマンス)とらわれた王女 (マグノリアロマンス)
(2011/05/06)
ナーン・ライアン

商品詳細を見る


市ノ瀬さんはいつもお知らせと一緒に楽しいコメントをお寄せくださいます
さっそくご紹介

 今回の作品は、ヨーロッパの小国の王女さまと、
 アメリカのテキサス・レンジャーのロマンスという
 一風変わった物語です。
 しかも、王女さまはアメリカで犯罪者と間違えられて、
 ヒーローのレンジャーに逮捕されてしまいます(!)

 身分の違うふたりのロマンスだけでなく、
 生き生きと描かれているアメリカ西部の雄大な自然も
 楽しんでいただけたらと思います。

予想外な展開でついつい先が気になり、
目が離せなくなりそうなストーリーです。
さっそくAmazonでもの書評がありました

そしてもう1冊は村山美雪さんの『運命の結婚はすぐそばに』

運命の結婚はすぐそばに (ラスベリーブックス)運命の結婚はすぐそばに (ラスベリーブックス)
(2011/05/10)
ジュリア・クイン

商品詳細を見る


家族のために結婚を決意したヒロインが勤め先の
お屋敷で偶然手にしたのは“侯爵と結婚する方法”という結婚指南本
こうした本に頼るのは不本意だったものの、家族の窮状を救うためにこっそり持ち帰ってしまう…。
そしてひょんなことから彼女が指南書を手に花婿探しをしていることを知り、
その指南役を買って出るヒーロー。

時代は19世紀イングランドながら、舞台は華々しい社交界ではなく
美しい田園風景に囲まれた村。穏やかな風景と、二人が心通わせていくときの
葛藤が対照的に描かれ、ますます物語を盛り上げます

善良なヒロインやヒーローが悩みながらも誠実に、
たった一つの愛を育んでいく姿に心癒される方も少なくないはず

読書で心地よいひとときを味わいたい気分のときに、ぜひ。


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク