『ルナと光の天使』

翻訳会館お隣の桜はすっかり葉桜になってしまいました
これからは新緑が美しい季節になりますね
上方風か江戸風かでいつも迷う桜餅 から、つぶあんかこしあんかで毎回悩む柏餅の
季節にもなりました

さて本日はアメリア会員のヴァンミーター有貴さんが手がけられた素敵な絵本を
ご紹介いたします。翻訳作品ではなく著書です。


ルナと光の天使ルナと光の天使
(2011/04)
ヴァンミーター 有貴

商品詳細を見る



ヴァンミーターさんが創作し持ち込んだ企画だそう
「絵本の持込企画は本当に多い。でも刊行に至るのはごく稀」という話を
児童書を手がける編集者さんたちからよく聞いていたので
刊行のご連絡をいただいたときは、本当に嬉しい驚きでした

本書は主人公のルナくんが、みんなの幸せを願って夜空の旅に出て、その旅を通じて
すばらしい存在に出会い、読者に大切なことを伝えてくれます。
ヴァンミーターさんのお人柄が凝縮された一冊でもあります

ちなみにこちらの絵本の絵の形は「調和の周波数を発する黄金比の長方形」とのこと。
本書を読んだ時、素敵な文章と可愛らしい絵のおかげで温かい気持ちになったのだと感じていましたが
形そのものにも癒されていたのかもしれません


アメリア事務局・入江

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク