『復讐は恋の味』・『テキサスの夜に抱かれて』

先日の雪もつかの間少しずつ暖かくなってきましたね。
海外・国内問わず全国各地にいらっしゃるアメリア会員の皆さん。
「近所の梅がほころびました」などなど、身近な春の到来を
メールに添えてくださる方もいて、色々なところで春の息吹が
あるのだなぁとほっこリあたたかな気持ちになります
(全国各地と言えば、新燃岳の噴火は心配ですが…)

さて、今日はほっこりな気持ちをおすそ分けできそうなラブロマンス&
少し過激にホットな気分になっちゃう熱くセクシーなロマンスをご紹介

まずは、市ノ瀬美麗さんが手がけられた『復讐は恋の味』。

復讐の味は恋の味 (マグノリアロマンス)復讐の味は恋の味 (マグノリアロマンス)
(2011/02/09)
シャーリー ジャンプ

商品詳細を見る


まるでバービー人形のような誰もがうらやむ
抜群のプロポーションと魅惑的なブロンドを誇るヒロイン・アリーも
高校生の頃はいじめられっこだった。
(今の姿からは到底想像できないけれど、当時の体重は130キロ
そんな彼女が7年ぶりに帰郷すると、高校時代の思い出の人であり
復讐したいと願っていた相手・ダンカンからお誘いが…

「題名に「復讐」とありますが、ドロドロした話ではありません。
 明るく楽しく、ホロリとする場面もあり、最後は心がほっこりする、
 とても素敵な物語です。お気に入りの作品のひとつになりました」

とおっしゃる市ノ瀬さん。ヒロインの複雑な心の裏側に共感できる乙女も多いのでは…

そしてもう1冊はテンガロンハットの女性がインパクトな表紙の
『テキサスの夜に抱かれて』です。

テキサスの夜に抱かれて (イソラ文庫)テキサスの夜に抱かれて (イソラ文庫)
(2011/02/05)
デリラ デブリン、Delilah Devlin 他

商品詳細を見る


本書の翻訳を手がけられたのは木村浩美さん。

舞台はテキサス。ずばりヒーローはカウボーイ
木村さんのお話によると、

「厳しい自然の中で生きるカウボーイたちは勇敢でやさしくて…
 ちょっとオレ様っぽい強引なところも魅力的。
 ヒロインたちもとても芯が強くて面白かったです。」

とのこと…。人間同士のぶつかりあいが、
物語を味わい深くするポイントの一つなのでしょうね。
(木村さん曰く、「テキサスの恋は戦い」なのだそうです

まったく彩りの違う2つのロマンス。
好きなテイストのドキドキを見つけて浸っちゃいましょう


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク