芦原夕貴さんのロマンス訳書を2作ご紹介します!

本日もマグノリアロマンス2冊をご紹介

翻訳を手がけられたのはいずれも会員の芦原夕貴さんです。
芦原さんからもご紹介コメントをいただきましたので
ぜひご注目ください

まずはこちら。

絹の波間に見る夢は (マグノリアロマンス DG-)絹の波間に見る夢は (マグノリアロマンス DG-)
(2010/09/09)
ダイアナ・グロウ、芦原 夕貴 他

商品詳細を見る


「こちらは中世初期の東ローマ帝国が舞台で、主人公たちが
 スカンジナビア出身
というめずらしいロマンスです。
 作家が元オペラ歌手だった方であるせいか、
 とてもドラマチックなお話です。
 拙訳書のなかで、一、二を争うほど好きな作品です。」

元オペラ歌手のロマンス作家の作品と聞くだけで
濃厚な世界観なのでは…と期待が膨らみます
そしてロマンス翻訳を多数手がけられている芦原さんが
お好きとのコメント、すごく気になっちゃいます

そして2作目はこちら

すり替えられた花嫁 (マグノリアロマンス)すり替えられた花嫁 (マグノリアロマンス)
(2010/12/09)
シャーナ・ガレン

商品詳細を見る


「舞台は19世紀のイギリスで、タイトルから想像がつくように、
 少しドタバタ劇風の作品です。」

とのこと。あらすじはこんな感じです

男性を恐れるあまり、「結婚しない」と心に決めたヒロイン、
キャサリンが主人公。妹に縁談話が持ち上がったのをきっかけに、
姉である自分が自力で結婚相手を見つけざるをえなくなる。
結婚したくないキャサリンは彼女は家を逃げ出すまでの
時間稼ぎで妹の結婚を阻止しようとするが…

どんなロマンスが待っているのでしょう

今年も皆さんから嬉しいご連絡を沢山いただきました
みなさんありがとうございます。来年もどしどしお話をお聞かせくださいね。
今から楽しみにお待ちしています

アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク