ロマンス2冊・ご紹介

今日は久しぶりの雨で少し暑さがやわらぎましたね
いつもなら憂鬱な雨に、なんだかほっとしてしまいました。

さて、本日はロマンス訳書2冊をご紹介します
まずは田辺千幸さんが手がけられたこちら。

わたしだけの剣士 (ヴィレッジブックス)わたしだけの剣士 (ヴィレッジブックス)
(2010/07/20)
ジェニファー ・ブレイク

商品詳細を見る


「彼女が初めて愛した相手は、彼女の夫を殺した男…」
という帯コピーに一瞬サスペンス と思いきや、
19世紀のニューオリンズが舞台のヒストリカル・ロマンスです。

妹の仇を討った剣士ケイドと、討たれた男の妻、リゼット。
本来なら仇同士の二人は自然と惹かれあうのですが
財産目当てのリゼットの義父の狡猾な罠が二人を待つ…
ハラハラ、ドキドキを堪能しちゃいましょう

そしてもう1冊は村山美幸さんの

夢の乙女に永遠の誓いを (ラズベリーブックス)夢の乙女に永遠の誓いを (ラズベリーブックス)
(2010/07/10)
ジュリア・クイン

商品詳細を見る


ラズベリー・ブックスで大人気
<ブリジャートン・シリーズ>がいよいよ完結
よく練られている、と米国で評判を呼んだこちらのシリーズ、
通して愛読されていた方も多いのではないでしょうか?

第1作、2作、4作がRITA賞候補となったジュリア・クイン。
8人兄弟で唯一の独身となった四男グレゴリーの物語を描いた
本作で2007年度の最優秀長編ヒストリカル部門賞に輝きました。
シリーズ最終巻にも関わらず、もちろん独立した作品としても
楽しめますので興味を持ったお話から読むのもアリですね

真夏のトキメキをお求めのみなさま、ぜひ。


アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク