『カオスとアクシデントを操る数学 難解なテーマがサラリとわかるガイドブック』

会員の熊谷玲美さん、松井信彦さんお二方が手がけられた
共訳書刊行のお知らせをいただきました
ありがとうございます

カオスとアクシデントを操る数学―難解なテーマがサラリとわかるガイドブックカオスとアクシデントを操る数学―難解なテーマがサラリとわかるガイドブック
(2010/06)
エドワード B.バーガーマイケル・スターバード

商品詳細を見る


著者は第一線で活躍する数学者の方々
教育に力を注ぐため、興味をもってもらうことを最優先に
書かれたという数学ガイドブックです。

松井さんに詳細なご説明をお知らせいただいたのですが
その文章の中にずらりと並ぶ数学のキーワードたち

確率・統計、カオス、素数、級数、パターン、黄金比
フラクタル、トポロジー、四次元、無限大…

こ~んな幅広い数学の話題を、「小難しい説明は一切なし」で
楽しい図版をふんだんにつかいユーモアたっぷりに解説しているのだそうです。

数学好きはもちろんのこと、苦手意識をお持ちの方、
ちょっと最近数学に興味があるんだけど…な~んて方にも
とってもおススメの1冊です。

かくいう私も数学で0点をとったことがありますが
数学ってなぜか心惹かれるのですよね…。
「小難しい説明一切なし」というこの本なら、
きっときっと、もう少し数学とお近づきになれるはず

ちなみにもう一つ松井さんからブログ読者のみなさんへ
お知らせいただいた、おススメ立ち読みポイントはこちら。

「1. 200 点を超える図版
 2. 対談形式の訳者あとがき(たいしたことは書いていませんが、あっさり読めるということで)
 3. 楽しい各章冒頭の導入エピソード」


ユーモア&サービス精神たっぷりな松井さん。
これからもお話をたくさんお聞かせくださいね。
楽しみにお待ちしています

アメリア事務局
中川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク