仕事の依頼が重なったら? 断る?無理する?

フリーランス翻訳者(実務)として仕事をしていきたい
     
じゃあ何社かトライアルを受けてみよう
     
あ、でも、トライアルに合格して仕事の依頼が
重なったらどうしよう……
     
仕事って断れるのかな
断ると二度と依頼がこないんじゃないかな
     
どうしよう…………

と、心配になる方へ。


まずは少しづつ応募して、翻訳者としての登録先を
増やしていきましょう

そして、もし、複数の登録先から仕事の依頼が重なったら……

納期に間に合わない可能性や、翻訳の質が著しく下がる可能性があれば
正直に受注できない旨をお伝えしましょう。

(ちなみに、フリーランスでお仕事されている方の
 平均的なお取引先は常時2~3社というケースが多いようです)


でも、お断りするにもポイントがあります。

今、抱えている案件があるので○○以降であれば受注できます
もし可能であれば締切に○日余裕ができると、お受けできそう

など、今後も受注したい気持ちが先方に伝わるよう
ポジティブに誠意をもってお断りする


です

ただ、NO を伝えるだけだと、翻訳会社の担当者としては、
「もしかして、わが社とお付き合いしたくないのかな…」と
翻訳者との関係をはぐくむことに消極的になるそうです。


なお、どんなに優秀な方でも初めてお付き合いする翻訳者には
まずは少量の翻訳を依頼する傾向にあるとのこと。
トライアルに合格し、翻訳者としての実績が豊富であっても、です。

初めてのお取引というのは、翻訳会社にとっても、翻訳者にとっても不安が大きいもの。
なので、お仕事を始めたばかりで、ボリュームのある案件の依頼が重なるというケースは
それほど多くはないかもしれませんね

万が一、お断りという状況になっても
「お断り=即、登録先との関係が解消」 ということでは無さそうなので
ご安心いただいて大丈夫です。

というわけで、まずは第一歩
応募条件を満たす求人案件に応募してみましょう


事務局 入江

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク