『いのちは贈りもの』

フランス語と英語の翻訳でご活躍の河野万里子さんから
訳書が届きました。



サブタイトルにもありますが、ホロコーストを生きのびた少女の
なまなましい体験を綴った本書、読み始めたら、とてもやめられなく
一気読みしてしまいました。

自由を奪われ、明日の我が身がどうなるのかもわからないまま、
強制収容所を転々とさせられる日々。
父親が捕虜にとられたことで、奇跡的に少しだけ幸運にめぐまれたと
いう自覚や、「生きるためには、考えなければならない。何をしたほうが
いいのか、しないほうがいいのか。いちばんいいのはなにか、より悪くない
のはなにか…」という思考を、10歳ほどの少女が持ってしまう・・・という
ところに、戦争の恐ろしさ、残酷さを切実に感じました。

ただ、この本ではそんな状況にありながらもわが子を守ろうと奮闘する
母の姿や、極限状態にあっても助け合う人と人とのふれあい
人間の人間らしさも描かれていて、暖かい気持ちにもなれました

多くの方に、ぜひ読んでいただきたい作品です。

河野さんから、この本を題材とした児童文学評論家の野上暁さんとの
トークショーのご案内もいただきました。
8月24日夜7時から、神保町のブックハウスカフェで行うそうです。

チラシもまだできていないとのことで、ブックハウスカフェのFacebookにも
案内は出ていないようですが、ご興味がある方はぜひご参加ください。

アメリア事務局 室田

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク