『ブロークン 過去に囚われた男』

こんにちは
この時期は毎日日傘を持ち歩いているのですが、最近は日傘をさしている人、本当に増えましたよね。10年くらい前から日傘は使用しているのですが、最近はすごい性能を備えていたり、かわいいデザインのものが増えたな~と感じます今は日傘もファッションの一部なのですね。人が多かったり狭い場所では迷惑にならないように閉じる等マナーは心がけつつ、これからもかわいいデザインの日傘で楽しみながら紫外線対策したいと思います

本日はアメリア会員の三浦直子さんが字幕翻訳を手がけられた『ブロークン 過去に囚われた男』のご紹介です。



<あらすじ>

マングルホーンは息子と疎遠になり、孫とも会えないさびしい毎日。そんな生活を支えてくれるのは、愛猫と毎週行く銀行の受付係の女性、ドーン。ある週末にカフェでドーンと出会い、この日をきっかけに彼女との距離が縮まり始める。彼女との穏やかな時間を重ね心を開き始めたマングルホーンだが、彼の心には過去に愛した女性クララへの想いが今なお残っていて…

三浦さんのコメントもご紹介いたします。

何か大事件が起こるわけではないけれど、しみじみと心にしみる映画です。名優アル・パチーノは年をとってもカッコよくて良い味を出しています!

パッケージのアル・パチーノ、渋くてとっても素敵ですよね年を重ねたからこそのかっこよさ、円熟味というものを感じます

三浦さん、素敵な作品をお知らせいただきありがとうございました
次回作はどんなお話をお知らせくださるでしょうか?

アメリア事務局 岩瀬

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク