『神々と戦士たち III ケフティウの呪文』

本日2冊目のご紹介は、アメリア会員の中谷友紀子さんが翻訳された最新作です。
中谷さんには、翻訳が「もっと好きになる、楽しくなる」をテーマに翻訳の専門校フェロー・アカデミーが配信するTra-magaインタビューにもご登場いただきました。中谷さんのお仕事の秘訣を少しだけ垣間見ることができるすてきなインタビューです。ぜひこちらもご一読ください!→Vol.380 出版翻訳家 中谷友紀子さん

本日ご紹介するご訳書はミシェル・ペイヴァー作「神々と戦士たち」シリーズの第3弾です!!



~中谷さんによる作品紹介~
紀元前1500年、青銅器時代のギリシア。
火山島の大噴火を生き延びたヒュラスは、漂流の末、ピラの故郷であるケフティウにたどり着く。津波に襲われ、死の島と化したその場所で、ヒュラスと仲間たちの絆が試される……。

というストーリーで、今回はクノッソス宮殿で知られるクレタ島を舞台に、スリルと不思議がいっぱいの冒険が繰り広げられます。毎回、舞台が変わっていくので、いっしょに旅するような楽しさを味わいながら訳させてもらっています。


同シリーズの第1弾をこのブログでご紹介させていただいたのは2015年7月でした。その際、第5弾まではご刊行の予定があるとお聞きいたしましたので本当に壮大なプロジェクトです

中谷さん、今頃は第4弾に取り組まれていらっしゃる頃でしょうか次回作のご連絡も楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 並木

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク