『令嬢の危ない夜』

アメリア会員の寺尾まち子さんから、訳書をお送りいただきました。
寺尾さん、いつもありがとうございます





こちらの作品、Spies and Lovers(スパイと恋人)シリーズの第一作だそうで、
第二作と共に2014年にRITA賞の新人部門で最終候補まで残った実力のある
作品です。
シリーズ名からして、スリルとサスペンスを感じますよね。面白そうです

さっそくページを開いて見ると・・・なになに、1812年春? いきなり登場した
人物は懐中時計で時間を確かめ、シルクハットを目深にかぶりなおして・・・
これ、いわゆるヒストリカル作品なんですね。

この時代のスパイと恋物語、なんだかとっても心惹かれます。
秋の夜長に心地よい読書TIMEを楽しみたい方にオススメの作品だと思います。

アメリア事務局 室田

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク