『キミがくれた希望のかけら』

こんにちは
今週末は身内の結婚式があり地元へ帰省します。親族のみの神前式なのですが、神前式に出たことがないのでどんな式になるのか今から楽しみお天気だけが少し怪しいですが…とにかく楽しんできたいと思います

本日は中林晴美さんが翻訳を手掛けられた『キミがくれた希望のかけら』をご紹介いたします。下記リンク先から書籍情報をご覧いただくことができます。冬の夜空を思い出すような、綺麗な色使いの表紙が素敵ですね。
『キミがくれた希望のかけら』書籍情報

【あらすじ】
ある日、学校の人気者オスカーが突然姿を消した。オスカーは死んだにちがいないとみんなはあきらめてしまったが、親友のメグとオスカーの弟スティーヴィは希望を捨てず探し続けた。たとえその希望がかけらのように小さくても…。

本作は学校でのいじめや孤独、初恋にゆれる心など、ヤングアダルト世代のリアルが描かれた切なくもあたたかい物語となっています。
果たしてオスカーは生きているのか?メグとスティーヴィはオスカーを見つけることが出来るのか?気になる方は是非本作をお手にとってみてくださいね

中林さん、訳書をお知らせいただきありがとうございます
また翻訳を手掛けられた際にはご一報ください

アメリア事務局 岩瀬

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク