『十人目の聖人』

気持ちの良い秋晴れが続いていますね
目下、猫じゃらしに夢中な娘は登園時にアチコチ寄り道。
保育園の娘の靴箱にはドライ猫じゃらしが大量です

本日はアメリア会員の市ノ瀬美麗さんの訳書をご紹介いたします。





骨に隠された秘密とは
アマゾンより内容紹介を引用いたします。

エチオピアで発掘作業をしていた考古学者のサラは、本来の発掘場所とは異なる洞窟で、
封印された墓を発見した。しかし、見知らぬ老人からここにいてはならないと警告されたうえに、
この骨を日のもとにさらす者は呪われるという警告文が棺に刻まれていた。文化人類学者の
ダニエルとともに調査を開始したサラだが、見つかった骨は多くの謎に包まれていて、
いつの時代のものかを特定するのが困難だ。それだけではない。文化観光省の役人が
骨を墓所に戻すよう働きかけてきて、サラたちの調査を阻止しようとする。
この骨には、どんな秘密が隠されているのか―。


ドキドキなミステリですね
秋の夜長にピッタリな1冊です。


市ノ瀬さん、お知らせいただき、ありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております


事務局 入江

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク