『二度目の恋に落ちるとき』

こんにちは
今年の夏は酷暑になると天気予報で言っていたので、8月頭に熱帯夜対策と思い「ひんやりベッドパッド&シーツ」なるものをネット通販で買いました。届いた後さっそく使ってみましたがあまり涼しくない…というか全く涼しくない今後はこのような買い物は直接触って確かめられる店頭で買おう…と強く思いました

本日ご紹介するのは喜須海理子さんが翻訳を手掛けられた『二度目の恋に落ちるとき』です。本作はヒストリカルロマンスの名手とうたわれるエロイザ・ジェームズの<罪つくりな侯爵夫人>シリーズ2作目になります



以下、本作のあらすじ↓です。

ポピーはフレッチャー公爵と熱烈な恋愛の末に結婚するが、4年経った今、夫婦の間には隙間風が吹いている。夫はベッドで自分を求めてくれない彼女が不満だったのだ。公爵の愛が冷めたと思った彼女はついに公爵家から出る決心をする。冷淡になった夫、口うるさい母から離れ、自由奔放な友人たちと暮らす道を選んだ彼女が見つけたものは?公爵との結婚生活はどうなるのか?

結婚前はあんなに好き合っていたのに、結婚してしばらくするとうまくいかなくなってしまうのは万国共通の悩みなんですねポピーがベッドで夫を求めないわけとは、そしてあんなに愛し合った公爵との結婚生活はどうなるのか?ポピーは『二度目の恋に落ちる』のか??気になる方は、ぜひ書店へどうぞ!

喜須海さん、この度は翻訳作品もお送りいただきありがとうございます
次はどんな作品を翻訳されるんでしょうか?今後のご活躍のお話も楽しみにしております

アメリア事務局 岩瀬

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク