『ドイツ環境教育教本 環境を守るための宝箱』

暖かくなったり冷え込んだり、春の天気は変わりやすいとはいえ
毎年変動の触れ幅がひろがっている気がしてちょっと心配になってきてしまいます…

環境保護への意識が高まりつつある昨今、気になる書籍をご紹介します。
会員の染谷有美子さんの最新訳書、『ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱』です。

ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱ドイツ環境教育教本―環境を守るための宝箱
(2009/02/28)
ティルマン ラングナー

商品詳細を見る


エコを一過性の"ブーム"として終わらせないために、
一人ひとりが自発的に取り組み、継続し、そして発展させていくことが重要になってきますよね

本書は、"環境政策先進国"と名高いドイツの"環境教育"のための教本です。

子どもたちが、自分にとって重要な問題として実感し
日々取り組んでいくために何をどのように教えることができるか、
教育現場やご家庭でも参考にできるマニュアルになっているとのこと

染谷さん、貴重な1冊をご紹介いただきありがとうございました。


アメリア事務局
中川
https://www.amelia.ne.jp/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク