『Q思考――シンプルな問いで本質をつかむ思考法』

こんにちは
1年も半分を過ぎ、今日から7月が始まりますね!
残り半年の初めの1日として、気持ちも新たに過ごしたいものです

本日はアメリア会員の鈴木立哉さんが翻訳を手掛けられた『Q思考――シンプルな問いで本質をつかむ思考法』をご紹介いたします。



鈴木さんからコメントもお寄せいただきました。

本書は、イノベーションの鍵は「答え」にあるのでなく「質問」にある、という考え方に基づき、「なぜ~?」「もし~だったら?」「どうすれば?」という「Q思考」を繰り返すことで様々な経営課題解決にも結びつくことを説いた、おそらく世界発の質問教科書です。
グーグルはもちろんのこと、最近民泊ではやりのエアビーアンドビーやNetflixの創業時のエピソードなどが満載の読み物となっています。
今回はダイヤモンド社さまが力を入れてくれていまして、同社ホームページで本書に関する連載が始まっています。

連載第1回「出世のスピードは質問の多さに比例する」
連載第2回「ブレストはこんなに無意味だった!研究で判明した真実とは?」

おかげさまで、発売3日後の27日に重版が決定しました。


発売3日後に重版が決定したとのこと、すごいですね!
本書は「2010年代以降世界最注目の思考法」として世界的ベストセラーになっており、世界中の名だたる企業でもこの思考法を称賛し、採用しているそうです。
”「たった1行の問い」で、だれもが見たことのないような美しい答えを生む画期的な方法”とのこと、ご興味のある方は、まずは上記の連載から本書の内容に触れてみてはいかがでしょうか。

鈴木さん、この度は訳書をお知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍のお話も是非お聞かせください!

アメリア事務局 岩瀬

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク