『五〇億年の孤独』

天気予報によると週明けからは春本番 桜も一気に開花しそうですね
もう真冬のコートが必要なほどの寒の戻りはないことを祈ります。

本日はアメリア会員の松井信彦さんの訳書をご紹介いたします。





本書は『ネイチャー』や『サイエンティフィック・アメリカン』等の専門誌に
寄稿するサイエンスライターであるリー・ビリングズ氏によるノンフィクション。

内容を一部アマゾンから引用します。

宇宙にはわれわれのほかに知的生命が存在するのか?
1960年代にさかのぼるSETI以来、このいわゆる「ET(地球外知的生命)」を現実に探す試みは営々と続けられてきた。
いまや「来たる20年で必ず見つかる」と断言する研究者が出てきており、
系外惑星ハンティングの隆盛とともに、「未知との遭遇」がいよいよ現実になる機運が見えてきたのだ。


壮大なテーマですよね
地球外知的生命との出会いも近いのかもとロマンを感じました。
ただしそのロマンの影には天文学者たちの努力があるのですよね。

「ロマンの影に人の地道な営みがあることもよくわかる良書」だそうです。

松井さん、本をお送りいただきありがとうございました。
楽しみに拝読いたします。
今後のご活躍も心より楽しみにしております

事務局 入江

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク