『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』

我が家で犬を飼っているのですが、このコに毎朝4時半に起こされ、その後ソファーで仮眠をとるという生活がもう1年以上続いています。今日こそはゼッタイに起きないぞ!と固く誓ってあの手この手で防御するも、枕をひっくり返そうとしたり、私の顔めがけてジャンプしてきたり、布団の上からカリカリ掘ってきたり…、しつこ~い攻撃に最後は根負けしてしまいます。。
何とかならないですかね…。目下、最大の悩みです。

さて、本日はアメリア会員の長友紀裕さんが字幕翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします。

タイトルは『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』。

内容は…
2013年10月1日、BANKSYがニューヨークで展示をスタートさせた。告知もなく突然始まったその展示は、毎日1点ニューヨーク各地の路上に作品を残し、場所を明かさず公式サイトに投稿。人々はその作品を求めてニューヨーク中を駆け回るという、ストリートとインターネット上の両方で勃発した「宝探し競争」だった。

10/11 家畜のぬいぐるみが乗ったトラックが街を走る。(ときどき精肉店で停まる)
10/13 セントラルパークにて、観光客相手の土産物風にバンクシーのオリジナル作品が60ドルで販売されていた。現在、バンクシー作品の評価額は25万ドル。
10/22 クイーンズに作られた廃材のスフィンクスは、大型商業施設の建設に伴い廃業予定の自動車修理工場の男たちが持ち去り転売した。(フライヤーより)


と、言葉だけでは作品の魅力が十分に伝わらないかと思いますので、ぜひ公式サイトの方をご覧いただければと思います。
特に予告編は必見ですよ

まさに、バンクシーを探せ!な映画

公開は下記の通りとなっております。
3月26日(土) 渋谷シネクイント
4月 2日(土) 渋谷アップリンク

ぜひ劇場に足をお運びくださいませ

アメリア事務局 河原

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク