『神々と戦士たち II 再会の島で』

11月に入った途端、街中にクリスマスツリーが飾られていますね。
あの早業にいつも感心してしまいます

アメリア会員の中谷友紀子さんが翻訳された歴史冒険ファンタジー・シリーズの最新作『神々と戦士たち II 再会の島で』がご刊行となりました

第1巻『神々と戦士たちⅠ青銅の短剣』のご紹介はこちらから。



青銅器時代のギリシアを舞台にしたこの壮大な物語の主人公は、ヒュラスという名の少年です。

ーあらすじー
13歳になったヒュラスは、ある日突然襲われ、島の鉱山で奴隷として働かされることに。
そのころ、大巫女の娘ピラは、女神の館から逃げだすため、農民に化けて占い師に用意させた船に乗りこみ、白い山脈を目指そうとしていた。炎の心臓を持った島で、青銅の短剣をめぐり、それぞれの運命はふたたび出会うことになるのだが…。


3500年前の人々をいきいきと描いた壮大な物語を、ぜひお手に取ってお楽しみください中谷さん、次作のご刊行も楽しみにお待ちいたしております

アメリア事務局 並木

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク