『一夜だけの永遠』

週末は近くの大学の学園祭におじゃましてきました ここはほかの学園祭と違って、はちみつやショルダーベーコン、お味噌、いのしし汁、リングイッサ、ヒラヤーチィ…など個性的な模擬店が多く、あれも食べたいこれも食べたいと食欲が止まらなくなりました。 来ている人の多くが一般の方ばかりで、学園祭というと学生さんの内輪受け的な印象がありましたが、こんな地元密着型の学園祭ならホント楽しい!来年は無料で配られる大根をゲットするぞ~

そんなことはさておき、本日は村山美雪さんが翻訳を手がけられた素敵な訳書をご紹介いたします。



第一作の「はじめての愛を知るとき」から4年ぶりの続刊となります。←第一作目もチェックしてくださいね!
ファンの方には待ちに待った一冊ではないでしょうか?
"ひと目で恋に落ちたマックとイザベラ。傷つけあいながらも、欲望の炎は消せず……"(本の帯より)

皆さま、ぜひマッケンジーワールドをご堪能ください

村山さん、訳書をお届けいただきありがとうございました。
またご活躍のお話を聞かせていただけるのを、楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 河原

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク