『代替医療の光と闇: 魔法を信じるかい?』

ここ数日は比較的過ごしやすいですね。暑さに慣れてきたのでしょうか
毎年「絶対日焼けしない」をモットーにアレコレ対策するのですが、子どもがいるとナカナカ難しいですね
ちょっと焼けると、もうどうでも良くなって、腕・首・足とすっかり黒くなってしまいました

さて本日はアメリア会員のナカイサヤカさんの訳書をご紹介いたします。



本書は、

代替医療大国アメリカにおいて、代替医療がいかにして現在の地位を築き、
それによって本来助かるべき人々がいかに苦しめられてきたか? メディアと政治と産業が一体となって
進められてきた「もう一つの医療産業」の実態を描く
(Amazonより抜粋)

ノンフィクションです。

こちら元々はナカイさんのご友人に頼まれ、ご友人向けにリーディングされたらしいのですが
同書に関することをツイッターでつぶやいたところ、同書に元々興味を持っていた編集者の目にとまり
刊行に至ったとのこと

持込の経緯は様々ですが、こんな出会いもあるのかとビックリしました。
ここ数年はあちらこちらで「翻訳者から発信することも大切」と耳にしておりましたが
本当にそうなんですね。

いつもパワフルなナカイさん、素敵なご連絡をありがとうございました
またお目に書かれる日を楽しみにしております

事務局 入江

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク