『ぼくとパパのわたり鳥』

8月に入って朝の通勤ラッシュが少し緩和されたように思います。夏休みシーズンも本番を迎え、お出かけの方も多いのかもしれませんね。

さて、本日はアメリア会員の白神愛紀子さんが吹替翻訳を手がけられた映像作品をご紹介いたします。
作品のタイトルは『ぼくとパパのわたり鳥』です。
下記の白神さんのコメントにもあります通り、こちらは8月11日~15日まで開催される「キネコ国際映画祭」にて上映される作品です。
キネコ国際映画祭の詳細はこちら→Click!

白神さんからコメントもお寄せいただきました。
2015年8月11日~15日に渋谷で開催するキネコ国際映画祭。シッダクス・カルチャービレッジにて8月14日(金)14時から上映予定の「ぼくとパパのわたり鳥」というイスラエル長編映画のライブシネマ用吹き替え台本を担当しました。ライブシネマとは、その場で声優さんたちが日本語のライブ吹き替えをする臨場感たっぷりの上映方法で、わたしも上映を観て色々と勉強をさせてもらう予定です。

本映画祭ではライブシネマと言って、その場で声優さんが吹替えをするスタイルです。
このライブ感は実際に見てみないと味わうことができません!ご都合のつく方はぜひ足をお運びください!

白神さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後ますますのご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク